ESTAの申請方法もう少し詳しく解説します

DSCF0334

ESTAの記入例は前回詳しく解説しましたが、まだわかりずらいことがあると思うので

補足で付けたしで説明をしたいと思います。

 

まず住所の書き方ですが

東京都大田区緑町1-3-4という仮の住所があるとします。

ホームアドレスライン1には1-3-4という住所の部分を入力します。

 

次にホームアドレスライン2には緑町のMIDORI-CHOを記入します。

市区町村には大田区のOOTAと記入してください。

州/都道府県/地方は東京都なのでTOKYOと入力します。

 

どうですか?難しくはないですよね。

ESTAの申請の時に起こりがちな次のページに進めないということがあります。

それは文字を小文字で入力していることが多いです。

すべて大文字で記入してください。すると次に進むことができます。

 

他にも決済の画面に進めない場合があります。そんな時はしばらく間をあけるか24時間空けてから

再度ESTAを申請してみてください。最初からの入力になるので面倒くさいですが慌てずに手続きをしてくださいね。

 

私は今回この決済に進めないトラブルに巻き込まれました。ESTAはギリギリでいいやと思っていたので

すごく焦りました。でも時間をおいてやり直したら出来たのでとにかく落ち着いて入力することが大切です。

 

ではESTAは実際いつまでに手続きを済ませておけばアメリカに入国できるのでしょうか?

やはり日本を出発する72時間前(3日前)には申請が完了していたほうがいいと思います。

なぜなら審査が必要になった場合、審査の回答までに72時間かかってしまうからです。

私のようにもったいぶってギリギリまで粘るのは危険な行為だと今回は反省しました。

 

私はパソコンから申請したのですがスマホからも申請することができます。

携帯電話からも設定をすれば申請が出来るようなのですが私はやったことがないので

説明はしないことにしますね。

 

2015-11-06_2215

 

そしてこれが出ると焦ってしまうのですが気にすることはありませんよ。

OKをクリックすれば時間が延長になるのでこのポップ画面が出てきたら落ち着いてOKを

パソコンならクリック!スマホならタッチすれば問題解決です。

 

申請後はカードに請求がされます。私の場合10月8日に申請して12月の支払いに請求が載っていました。

申請後の有効期限は2年間なのですが忘れてしまうことがありますよね。

有効期限を確認する方法があるので大丈夫です。

 

まずESTAの公式ページに行きます。

2015-11-06_2235

下の「既存の申請内容を確認」をクリックしてください。

2015-11-06_2236

申請番号はESTAを申し込んだときに割り振られる番号です。メモをしておくといいのですが

忘れてしまっても大丈夫です。

2015-11-06_2237

 

この私は申請番号がわかりませんの画面から進みましょう!!

すると有効期限が出て来ますので確認してみてくださいね。

 

米国政府の公式のサイトだからといって焦ったり、緊張することはありませんよ!!

落ち着いて記入すれば大丈夫です。

では良い旅を!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 210eefce34d2976d67fa707963442d1d_s
    いよいよ11月のハワイ旅行まで約1カ月となりました。今年は8泊10日と少し短めな旅となります。でも、…
  2. IMG_0441
    久しぶりの投稿です。 決してハワイから離れていたわけでなはく、むしろ毎日ハワイを思って暮らして…
  3. ダウンロード
    ワイケレにトリーバーチがいつオープンするのやらと思っていたら、先月の2016年4月12日水曜日にオー…

ハワイ旅行に必須アイテム

BGxdiGDAb_U9uOl1443457568_1443457687

カテゴリー

ページ上部へ戻る