ESTAの雇用主、両親の名前などの入力の仕方教えます

DSCF1118

ESTA(エスタ)とは電子渡航確証システムのことです。
でもそれって何?ってなりますよね。

簡単にいうとアメリカと日本の間には90日以内の滞在場合ビザがいらないですよね。
でも9.11のテロ以来アメリカに行く前にエスタに申請して
アメリカに渡航するのに条件を満たしているのか審査されるというわけなんです。

要はテロリストや危険人物じゃないということを調べられるということですよね。

エスタは自分で申請するのが得です

エスタは公式のホームページから自分で申請することができます。
その場合ESTAの料金は14ドルしかかからないので、確認しながら落ち着いてやれば
自分でも簡単に記入できるものなのでトライしてみてくださいね。

私もesta(エスタ)の記入例や描き方を日本語版で説明してします。
今回は更にわかりずらい箇所を説明してみたいと思います。

まず雇用主というのは勤め先のことになるので会社名を入力してください。
例えば 日本商事 なら NIHON SHOJI 会社の住所が 東京都港区六本木3-2-5
○△ビル なら ○△ BIRU 3-2-5 ROPPONGI MINATO-KU TOKYO

両親の名前ですがあなたの両親の名前が鈴木太郎と鈴木花子なら 
UZUKI TARO  SUZUKI HANAKO

ESTAの入力文字に関してですが私はすべて英文字は大文字で入力しています。
英大文字はShiftキーを押しながら入力してみてくださいね。

職場での役職名ですがこれは任意なので記入しなくてもいいのですが
どうしても書きたいと言う人はDaijob.comで英語の役職名を調べてみてくださいね。

エスタの有効期限は2年間なので1度申請したらしばらくは申請することが
ないのでぜひ自分でESTAの申請に挑戦してみてください。

もしハワイに行くときにESTAの申請を忘れてしまった場合でも空港で
できるそうです。でも焦ってやるとやらないようなミスを犯してしまいそうなので
申請をお忘れなく!!

ESTAのグループ申請とは

それとエスタのグループ申請なのですが私はシニアの母のestaも自分のものと
一緒にしてあげているんです。

その場合、私のクレジットカードで支払いをします。
このように2名以上の申請者が1枚のクレジットカードで支払いをするときには
グループ申請からを選ぶとより簡単に申請ができます。

代行サービスなどはこのシステムを活用しているのでしょうね。
なんと1度に50人まで申請できるそうです。間違えたら大変なことになるので
代行業者も丁寧に確認しながら申請や記入をしていると思います。

でも安い業者でも5000~8000円請求されるというので
自分で申請することをオススメしますよ。
ゆっくりやれば間違いなく出来ます。間違えてもキャンセルできます。
頑張ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 210eefce34d2976d67fa707963442d1d_s
    いよいよ11月のハワイ旅行まで約1カ月となりました。今年は8泊10日と少し短めな旅となります。でも、…
  2. IMG_0441
    久しぶりの投稿です。 決してハワイから離れていたわけでなはく、むしろ毎日ハワイを思って暮らして…
  3. ダウンロード
    ワイケレにトリーバーチがいつオープンするのやらと思っていたら、先月の2016年4月12日水曜日にオー…

ハワイ旅行に必須アイテム

BGxdiGDAb_U9uOl1443457568_1443457687

カテゴリー

ページ上部へ戻る