今流行のリゾート婚ハワイアン・ウエディングを知ってみましょう

3905b790e32a292f58c6341dbb2245fe_s

女性の憧れであるリゾート婚、最近ではリゾ婚と呼ばれ、
海外での挙式に憧れる女性の中では浸透しつつあります。
しかし、リゾ婚となるとどのような挙式をするのか
想像がつかない人も多いですよね。

リゾ婚の中でも私の大好きな特にオアフで
大人気のハワイ挙式を例に、
ハワイ挙式のすすめを紹介していきます。

まずは、大体のスケジュールです。
ハワイ挙式となると、
5泊~7泊するカップルが多くいます。
まず1日目は日本からの移動がメインとなり

2日目に写真撮影と挙式を迎えます。
夜は小規模の場合は親族との食事、
友人がいる場合は二次会などを
して楽しい夜の時間を過ごします。

3日目には親族や友人が帰国し、
カップルはそのままハワイでのショッピングやビーチでの
アクティビティを楽しみます。
3泊でも挙式をおこなうには十分ですが
余裕をもってゆっくり過ごすには5泊以上がおすすめです。

また、招待客の平均人数は6~10名となっており、
親族のみの挙式や2人だけの挙式が
多くおこなわれていることが分かります。

また、式を挙げると決めたあとには、
ハワイのスタッフや教会に直接連絡をとって、
打ち合わせをする必要はありません。
日本にある結婚式場の手配会社で
相談を受け付けています。

当日まで、しっかりサポートしてくれるので、
海外へいくのが初めての方でも安心して
ハワイ挙式をすすめることができます。

4024222b9a5b5ecdcb79aa8f0b036f41_s

日テレで放送されている「ボンビーガール」で見たのですが
スタッフはほぼ全員が日本人なので英語が話せなくても
全く大丈夫です。

現在では、ハワイなどのリゾ婚に特化した手配会社や、
リゾ婚をメインに紹介している会社が多くあります。
そういう会社は、紹介してくれる教会や
ホテルのバリエーションも多いのでおすすめです。
ハワイは日本のように極端に寒い時期がないので、
結婚式を挙げる季節はそこまで差がありません。

しかし11月~4月頃は雨季となり、夕方頃に雨が降る日が多いので、
午後からの挙式や屋外でのパーティを計画されている方は要注意です。
また、ハワイに行くとなると、
パスポートや結婚証明書、ESTAなどの準備も必要になってきます。

ESTAの申請方法はこちら

パスポートの場合は自分たちだけでなく、
家族や友人も取得する必要があります。
そのため、早めに招待状を送るなど、周りへの配慮も忘れてはなりません。
このようにハワイでの挙式でとなると準備も少し大変になってきます。
しかし、その分一生忘れられないような特別な結婚式を挙げることもできますよ。

私は毎年ハワイを訪れているのですが
ハワイアンウエディングは日本人カップルに
人気があるのが本当にわかります。

ハワイ滞在中はほぼ毎日ホテルや教会や
ビーチで結婚式を挙げるカップルを1組以上は
目にすることがあるからです。

私も必ず「おめでとうございます!!」と
声をかけてしまいたくなるほど、どのカップルも
幸せそうで微笑ましいです。

青い空と青い海、白い砂浜に純白のウエディングドレスは
とてもきれいに映えますよ!!

ハワイアンウエディングをぜひ体験してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ダウンロード
    ワイケレにトリーバーチがいつオープンするのやらと思っていたら、先月の2016年4月12日水曜日にオー…
  2. 149745
    ハワイのダンスと言えばフラダンスです。フラダンスは現地に伝わる伝統的で神聖な踊りです。私たちはフラダ…
  3. 98b0ee9bb6e18fc9c87d7bf97598e5de_s
    古く昔、まだハワイに王国があったころから王族が好んで使用してきたのが高級コアウッド家具です。コアの木…

ハワイ旅行に必須アイテム

BGxdiGDAb_U9uOl1443457568_1443457687

カテゴリー

ページ上部へ戻る